NEW ARRIBAL新商品

CAMPAIGNキャンペーン


椿油、万葉の時代から日本女性に愛されて「生搾り」にこだわった、黒ばらの椿油。

椿油の主成分はオレイン酸。元来人の皮脂に多く含まれる成分なので髪や肌への浸透はスムーズ。ところが、一般に出回っている椿油は、ツバキの種子から採取される油から不純物や臭いを取り除くため、高温で加熱処理し遠心分離器にかけ、脱色・脱臭をして製造されます。
実はこの高温での加熱処理により、液体である椿油の一部が飽和脂肪酸に変性してしまいます。それはちょうどマーガリンのようにベタつく油で、トランス型脂肪酸(トランス酸)と呼ばれます。もともとの椿油には含まれない物質で、椿油が本来持つ髪や肌への浸透性を阻害します。また摂取しすぎると悪玉コレステロールの増加を招き、心臓疾患のリスクを高めるといわれ、近年ではトランス酸を含む製品の使用を規制する国も増加しています。
『黒ばら純椿油』はピュアな椿油にこだわり、高温加熱処理をせずにその特長である浸透性と保湿力をそのままに、トランス酸を発生させない独自製法で生産しています。それが"生搾り製法"です。


KUROBARA BLANDブランド

全てのブランドを見る

HOW TO USE TSUBAKI OILツバキ油の使い方

髪にも、カラダにも、お顔にも

上手な椿油の使い方は、
一度にたくさんではなく、「ちょっと足りないかな?」と
思うくらいの量で使うのがコツ。
ヘアケアやスキンケアでも同様で、付けすぎは禁物!

極めて純度の高い椿油で日本人の髪質との相性が最も優れており、
まさに日本人のヘアケアの
代表商品です。マッサージオイル、頭髪油などに幅広くお使い頂けます。

詳しい使い方を見る