>  椿油の使い方

椿油の使い方

椿油の使い方HOW TO USE TSUBAKI OIL

 

基本的な使い方 ステップアップケア

BASIC USAGE基本的な使い方

イラスト

上手な椿油の使い方

一度にたくさんではなく、
「ちょっと足りないかな?」
と思うくらいの量で使うのがコツ。
ヘアケアやスキンケアでも同様で、つけすぎは禁物!


髪へのお手入れ方法

  • CARE01

    トリートメントケア

    ベーシックな椿油を使ったヘアケア
    パサつきを抑え、ツヤのあるしなやかな髪に仕上げます

    詳しく見る
    1. シャンプーの後に、洗面器に半分ほどのお湯を張ります。
    2. その中に純椿油を3~4滴(※)落とし、よくかき回します。
    3. 洗面器のお湯を髪にかけ、全体になじませます。
    4. そのまま洗い流さず、タオルドライやドライヤーで乾かします。

    使用量の目安3~4滴

    頻度日々のお手入れに

  • CARE02

    集中ケア

    ひどいパサつき、傷んだ毛先を集中ケア
    ツヤのある美しい髪に仕上げます

    詳しく見る
    1. 洗髪後、タオルドライの後や半乾きの状態で。
    2. 純椿油を手のひらに数滴取り、それを伸ばします。
    3. その手で髪の傷みの激しい毛先など、もみ込むようになじませます。触ってみて、特に傷んでいるところ、乾燥しているところにつけます。
    4. そのまま洗い流さず、ドライヤーでやさしく乾かします。

    使用量の目安髪の状態に合わせて

    頻度月2回程度

  • CARE03

    マッサージケア

    毛穴の汚れを椿油が無理なく浮かせ、
    頭皮の清潔にして、フケ・かゆみを抑えます

    詳しく見る
    1. シャンプー前の髪の乾いた状態から始めます。
    2. 手に純椿油を取り、直接地肌にいきわたるようにします。
    3. 爪で頭皮を傷つけないよう、指の腹を使い、小さな円を描くよう頭皮にすり込んでいきます。
    4. 頭皮全体にすり込んだら、約40℃のホットタオルで髪全体を包み、そのまま15分ほど置きます。
    5. その後、髪と頭皮を湯洗いし、更にシャンプーでていねいに洗い落とします。余分な椿油が頭皮に 残らないようにしてください。

    使用量の目安適量

    頻度週1回程度


ステップアップケア

肌へのお手入れ方法

  • CARE01

    全身お手入れの
    美容オイルに

    お風呂上がりに乾燥肌ケア、荒れ肌のケア
    浸透力が高いから、肌にしっとりなじむ

    詳しく見る
    1. 入浴後、肌に若干水分がある状態で。
    2. 純椿油を少量手のひらに取り、手のひら全体に薄く伸ばします。
    3. 首筋から肩や腕などにかけ、マッサージするように上半身になじませます。
    4. さらに足先から太ももお尻にかけ下半身全体になじませます。
    5. カサつきの気になるひじ、ひざ、かかとの部分は念入りに。

    使用量の目安お肌の状態に合わせて

    頻度週1回程度

  • CARE02

    顔のお手入れ
    (洗顔~フェイスケア)

    汚れを浮き上がらせ、お肌さっぱり
    さらにもカサつきなど気になる箇所もケア

    詳しく見る

    洗顔

    1. 椿油を数滴指先に取り、メイクとなじませます。
    2. 汚れをよく浮き上がらせ、ぬるま湯で洗い落とします。

    ※洗顔石けん等に数滴垂らし、泡立てて使ってもOK。

    フェイスケア

    1. 洗顔後、若干水分を残した状態で、あるいは化粧水をつけた後で。
    2. 椿油1~2滴をてのひらに垂らしてよく伸ばし顔全体を覆ようにしてつけます。
    3. カサつきが気になるところは念入りになじませてください。

    ※少量の化粧水と椿油2~3滴を手のひらで混ぜ、顔、首筋から全身になじませて使ってもOK。
    ※べたつきが気になる時は、ティッシュなどで余分な油分を押さえるようにして拭き取ってください。

    使用量の目安洗顔:10滴ほど/フェイスケア:1~2滴

    頻度日々のお手入れに

  • CARE03

    フェイシャルパック

    ちょっと手間をかけたスペシャルケア
    お肌の保湿性を高め、しっとりぷるぷる

    詳しく見る
    1. 洗顔後、少量の純椿油を手に取ります。
    2. 手のひらをやさしく押し当てるようにして、ほお、額、あごなど顔の広い部分から、そして顔の中心から外に向かって、顔全体に伸ばしていきます。
    3. 約40℃のホットタオルで顔を覆い、そのまま10分ほどタオルでパックした状態に。
    4. タオルを外す際に、軽く押さえるようにしながら拭き取ります。

    ※2週間から1ヵ月に1回程度がおすすめです。
    ※べたつきが気になる時は、ティッシュなどで余分な油分を押さえるようにして拭き取ってください。


その他の使い方

ひと手間で高級つげぐしに

オイルが染み込んでいない木の櫛に純椿油をしみこませる事で、昔から人気で高級な「つげの櫛」と同じ仕上がりになります。髪を梳かすたびにオイルがつき、トリートメントしたようなサラサラとした髪を得ることができます。日々使い込むことによって自分だけの櫛に仕上がります。

※櫛を長持ちさせ、美しい髪を手に入れるためには、月一のお手入れが必要です。

ハンドクリームとして

洗いものの後やおやすみになる前に、手に数滴取り、手や指先全体にうすくのばします。 爪の表面、爪の周りのカサつきや荒れが気になる場合は、爪に1滴ずつ垂らし、爪とその周りによくすり込むようにお使いください。