>  黒ばら本舗の純椿油

黒ばら本舗の純椿油

黒ばら本舗の純椿油ABOUT OUR TSUBAKI OIL

 

椿油とは 生搾りとは

椿油、万葉の時代から日本女性に愛されて

椿油(英名/カメリアオイル:camellia oil)とは、ツバキ属ツバキ科に属する各種のツバキの種子から採取される油の総称で表示はカメリア種子油になります。
日本で椿の代表といえば、「ヤブツバキ」。冬から早春にかけて花を咲かせます。
もともとヤブツバキが日本の椿の代名詞となったのは、石油のない時代に貴重な油を採取するのにその大きな種子が適していたからともいわれています。
椿油と日本人との関わりは1200年前の万葉集の時代までさかのぼります。当時から椿油は食用、灯用、化粧用等、私たちの生活において様々なシーンで使われてきました。
そのため、椿は古来より園芸だけでなく、重要な油用植物として扱われてきました。
それから江戸時代に時を移し、椿油は整髪料として巷に普及します。

ABOUT TSUBAKI OIL椿油とは

髪以外にも使える人肌に最もなじみやすい「椿油の成分」

肌に潤いを与える成分である皮脂に最も多く含まれているのが「オレイン酸」。その割合は約40%を占めています。
椿油はこのオレイン酸を多量に含んでおり、同じ植物油でマッサージ等に使われているオリーブ油と比較しても、オリーブ油が約75%に対して、椿油はなんと85%以上もオレイン酸を含んでいます。それだけ椿油は髪や肌になじみやすく、高い浸透力を有しています。


髪と肌を乾燥から守る「椿油」

椿油も「油」の一種ですが、肌につけてもサラサラ。その秘密は、椿油の主成分オレイン酸が「不乾性油」だからです。不乾性油は、空気にさらしていても酸化せず固まりにくい性質を持っています。これに対し、空気にさらしておくと徐々に酸化して固まる油のことを「乾性油」といい、これは油絵具やニス等で利用されます。それゆえ、オレイン酸をたっぷりと含んだ椿油を髪や肌につけることで、水分の蒸発を防ぎ、保湿性を持続して、乾燥を防ぐ効果があります。

植物油の特性比較

乾性リノール酸酸化安定性
椿油不乾性3%~9%しにくい安定
オリーブ油不乾性4%~15%ややしにくいやや安定
アンズ核油不乾性18%~32%ややしにくいやや安定
大豆油不乾性47%~52%しやすい不安定

椿油のさまざまな効果

古来より、使われ続けてきました椿油が現代の私たちの生活において見直されてきています。その椿油のもつ様々な効果を下記のようにまとめてみました。

  • ヘアケア

    • ・頭皮の乾燥老化を防ぎ、みずみずしさを保つ。
    • ・髪そのものに潤いを与える。
    • ・紫外線から髪を守る。
    • ・ドライヤーの熱をカットして髪を保護する。
    • ・頭皮の新陳代謝を高めながら、毛穴に詰まった老廃物を溶かし、フケ・カユミを防ぐ。
  • スキンケア

    • ・肌に潤いを与え、皮膚の乾燥・老化を防ぐ。
    • ・紫外線防止効果で、シミ、ソバカスを防ぐ。
    • ・肌の毛穴に詰まった老廃物を溶かし、肌を清潔に保つ。
  • ボディケア

    • ・お風呂上りの濡れた肌につけ、タオルで軽く拭くことで乾燥を防ぐ。
    • ・スキンオイルとして、しっかり保湿。
    • ・マッサージオイルとして滑りやすく、肌へのダメージを防ぐ。